2016年9月15日 (木)

運転をしたらその後

29日の日経平均株価は、前半は静かな相場模様だったが、後場は日銀のマイナス金利政策を受け、急上昇、円安進行や先物への大口の買いが入り、急上昇、その後300円近くまで急降下するなど乱高下、最後は買いなおされて上昇し、前日比476円85銭高の1万7518円30銭と大幅反発。終値での1万7500円台は1月13日(1万7715円63銭)以来ほぼ半月ぶりの高値水準となる。日中値幅は871円84銭と昨年12月18日(886円83銭)以来の大きさ。東証1部の出来高は41億2505万株、売買代金は4兆4317億円といずれも昨年8月25日以来ほぼ5カ月ぶりの高水準。騰落銘柄数は値上がり1721銘柄、値下がり186銘柄、変わらず28銘柄。市場は、日銀のマイナス金利導入を受け、後場は先物買いで行き過ぎた面があり、その反動で下げる場面もあったが、売り物もこなれ巡航速度の上昇となっている。1ドル=120円台復帰で一時の最悪期は脱したとみられる。ただし、ここからは新規買いや本格的な買い戻しが入るかどうかがポイントになるとこの先に注目のようだ。

29日の東京外国為替市場のドル円相場は、日銀のマイナス金利導入決定を受けて急騰し、その後急速に伸び悩んだものの、終盤にかけては再び水準を切り上げた。午後5時現在、1ドル=120円63~64銭と前日比1円86銭の大幅ドル高・円安だった。始まり、119円付近に上昇したドル円は、高寄りした日経平均株価が軟化するのを眺め、昼にかけて118円台半ばまで押し戻された。午後に日銀のマイナス金利導入が伝わると、ドル円は一時121円40銭前後まで急伸。その後119円10銭台に失速したものの、日経平均株価が大幅高で引けたこともあり、終盤にかけては再びドルが買い直され、119円台後半での推移となった。日銀のマイナス金利導入について市場は、サプライズであり、このところの円高基調は解消されたのではないかと言うが、しっかりとしたドル高基調に乗せるには米利上げが必要と見る向きもある。また、株価が伸び悩んだのは効果への疑問があるから。市場の評価によっては再び円高・ドル安に傾くことも考えられると慎重論もあるようだ。

今日はトヨタ、三菱重工、コマツなどの製造業が大幅高、ホンダ、パナソニック、IHIも順当に値を伸ばしている。ただ、マイナス金利の煽りを受けた三菱UFJだけが値を落として引けている。銀行はダメだねえ。
以前の職場の同僚のおじさんたち、バイクでツーリングに出かけたのは良かったが、一人のおじさん、居眠りをして前にいた仲間のバイクに突っ込んでしまったそうだ。乗っていた人たちは転がって打撲程度で大きな怪我はなかったそうだが、追突されたバイクはフレームが歪んで全損、追突したバイクもひどい傷が付いてしまったと言う。

バイクで居眠りと言うのは経験がないし、乗っていて、なんとなく注意力散漫になって、「疲れたな」と思うことがあるが、眠くなったことはない。四輪だと眠くなって駐車帯に車を止めて寝たこともあるが、バイクで寝ると言うのはなかなか離れ業だと思う。

以前から、「高速を走っていると寝てしまう」と言っていたので、「危ないよ」とは言っておいたが、ぶつかるまで分からなかったと言うので間違いなく寝ていたんだろう。うちの指導員に聞くと、「ぶつかる前によく転倒しなかったですね」と言っていたが、それも正論かもしれない。

時々、ニュースで、『高速走行中の大型バイクが中央分離帯に接触して転倒』などと言う記事を目にすることがある。何でバイクでそんなところにぶつかるんだと思っていたが、そうした事故の中に居眠りがあるのかもしれない。HDなどのクルーザータイプのバイクだと重心が低くて安定しているので寝てしまってもそのまま走って転倒しないのかもしれない。

ちょっとネットで見てみたら、結構バイクの居眠りってあるようだ。長時間ではなく瞬間のようだが、・・。そう言えば去年天王山まで行った時に雨が降っているので安全走行でと思い、80キロ程度で第一通行帯をテケテケちんたら走っていたらあまりの単調さに何だかだるくなって新城のパーキングで予定外の休息を取ったことがあった。

その後、雨も上がったので速度をあげてメリハリのある運転をしたらその後は眠くはならなかった。安全運転もむやみやたら安全運転とか言ってちんたら走るのも問題があるかもしれない。周りにいたライダーも空を見上げてうんざりした顔をしていたので雨はいろいろな意味でバイクの天敵なのだろう。今後も安全運転に心がけて走ろう。

2016年9月 7日 (水)

気がある」という

しかし、都連の要請直前にジャーナリストの鳥越俊太郎氏が出馬の意向を民進党に伝えた。その情報は私にもほぼ同時に入った。鳥越氏は超有名人だ。旧民主時代から民進探索四十に批判的な私の擁立を避けたい民進党本部は、都連の私への要請と同時に鳥越氏擁立を裏で進めたのである。

岡田氏との会談が始まった。だが、彼は一向に“そのこと”を切り出そうとしない。党として出馬を要請したのに、数時間でそれを覆(くつがえ)すとはさすがに口にしにくかったのだろう。

仕方なく、こちらから「鳥越さんでいくなら私は降ります」と伝えた。告示直前で候補擁立をめぐってゴタつけば、野党陣営に勝ち目はない。それだけは避けたかった。私の言葉を聞くと、岡田氏は安堵(あんど)したような表情を浮かべた。

メンツを潰(つぶ)されたのは民進都連だ。特に松原氏は憤懣(ふんまん)やるかたない。彼は私の擁立のため、民進の都議会幹部たちの同意を無理して取りつけた。岡田氏との会談後、電話をかけると「オレはみんな(都議会幹部)になんて説明すればいいんだ」と途方に暮れた声。私探索四十を推したある議員も「(党本部には)怒りしかない。あまりに古賀さんに失礼だ」とのメールを送ってきた。

投票日の前日、世論調査で「鳥越不利」の観測が出ると、岡田氏は9月の民進党代表選への不出馬を表明。都連の間でさらに党本部への批判が高まった。なかには裏で小池氏を支援する議員もいたらしい。

開票日は自宅で過ごした。小池氏の圧勝は「当然だろうな」と思った。なんの哲学もなく、知名度優先で候補者をクルクルと差し替える民進が野党第1党なのだ。たとえ統一候補の擁立に成功したとしても、一体感も戦略もないままでは、したたかに無党派層の支持を集める小池百合子新都知事には勝てるはずもなかった。

もし鳥越氏の出馬がなければ、私はそのまま立候補していたと思う。そして、鳥越氏が出演を断ったネットやテレビの政策討論会に出て、小池氏にはない公務員改革や都探索四十 議会改革の“具体策”を訴えた。

もちろん、出馬を取り下げた弁護士の宇都宮健児氏とキッチリ政策協議をした上でのことだ。それでも、今から考えれば勝てたとは思えない。バックの民進の情けなさを、改めて目の当たりにしたからだ。

野党は惨敗を喫したことへの反省、検証を本気でしているのだろうか。今のところその動きは見えない。民進党代表選も蓮舫代表代行が「人気がある」というだけで勝利しそうだ。このままだと次の衆院選も同じ失敗を繰り返すだろう。

票が計算できる組織票を持った共産党が、「うん」と言ってくれる候補者を最優先したということだろう。政界第二の政党で政権を担当したこともあり、この先も政権を目指すと言う政党がなんとも情けないことだ。

2016年8月24日 (水)

宮古島と奄美大島

防衛省が沖縄県の石垣島への陸上自衛隊警備部隊の配備着手を2年前倒しすることが29日、分かった。平成31年度以降に駐屯地などの用地取得に入る予定#000000 だったが、29年度予算案概算要求に用地取得費などで100億円前後を計上する。尖閣諸島(石垣市)への中国の脅威をにらんだ措置で、宮古島と奄美大島(鹿児島県)での警備部隊配備と同時並行で進め、南西防衛強化を急ぐ。   中国は南シナ海で岩礁の埋め立てを進め、滑走路などの旅遊新聞網軍事利用可能な拠点の構築にメドが立てば、東シナ海で威嚇と挑発を活発化させる恐れが強い。尖閣周辺海域では中国公船が領海侵入を続けており、尖閣を抱える石垣市への部隊配備を急ぐべきだと判断した。 石垣市の中山義隆市長が安全保障に対する理解が深く、部隊配備への同意を比較的得られやすいとの判断も働いている。防衛省は概算要求前に同意を得るための準備を進める。   駐屯地などの施設整備は通常、用地取得と造成工事に1年ずつ、建設工事に2年の計4年かかる。造成・建設工事を効率的に進めれば計3年に短縮でき、31年度に施設整備と配備を完了させることが可能だ。 沖縄本島より西は、陸自が配備されていない防衛の空白地帯だったが、今年3月、与那国島に艦艇を警戒する陸自沿岸監視隊を配備。続いて30年度末までに、有事で初動対処にあたる警備部隊と地対空・地対艦ミサイルを宮古島と奄美大島に配備するため用地取得費や工事費を計上してきた。   石垣島にも警備部隊と両ミサイルを配備するが、予算上の制約を理由に26~30年度までの中期防衛力整備計画(中期防)の期間中は見送り、31年度以降の次期中期防での配備着手を計画していた。 南西諸島に対空・対艦ミサイルを配備されると中国は太平洋に進出するためにいやだろうが、そうしたらルソン海峡を通ればいい。でもこれまで手付かずの南西諸島に急高雄自由行 にこれだけの部隊配備を急ぐ理由が何かあるのだろうか。せっかくだから配備は配置替えではなく増強の形でやってほしいと思うが、・・。

2016年8月17日 (水)

美咲の部屋から教会の

2人の精神科医達は治療が必要である事は理解していたが、単なる精神治療や薬物治療ではない。
ただ、美咲の思いを受け止める事、しっかりとnuskin 如新見守りながら時には、美咲に声をかける事だった。
美咲との信頼関係を作り出す事が最優先の対症療法であった。

しかし、メンタルクリニックの5人の精神科医は病院内での話し合いでは入院させて、もう一度、同じ治療をして叫ぶかどうか、それが本当かどうか確認してみたいという思いが強くあった。
経験豊富な精神科医は話し合いを聞きながら、精神科医と病院側だけで話す事ではないと思い、教会で皆さんで話し合いをした方が良いかもしれませんと提案をしたが却下された。
特異的稀な美咲の能力を持っていると見抜いていたかもしれない。
この時は仮説の段階であった為、フリーランスの精神科医は強く言う事は出来なかった。
神父との話し合いでの会話から、仮説ではあるが可能性を秘めていると考えたのだろう。
神父も病院内での話し合いに同席していたが、次元の違う世界という事は出来なかった。
結局、病院勤務ではない5人の精神科医の言うとおりに確認の為と神父は思い従う事にした。
このnuskin 如新時の神父には、美咲の事はイエスとの誓いで良く理解していた、何が起きるのか気づいていたのかもしれない。
美咲との関わり方で、5人の精神科医の人生と運命的な出来事が起こる事が、神父の脳裏にはあったが確信出来るものではなかった。

病院内での全ての会話は、自然の中にいる精霊と空を舞う天使が美咲の耳に流していた。
2人の精神科医は、この先メンタルクリニックを運営する5人の精神科医にイエスからの罰が与えられるとは知るよしもなかった。

2人の医師とは、病院に勤務する精神科医と世界を回り診療に経験豊富なフリーランスの精神科医である。
美咲との信頼関係を作り出す事が最優先の対症療法とする意見交換の中で判断をしていた。
専門の精神科病院内で、2人の判断で強く話す事が出来れば、彼らの判断が優先される可能性もあった。
現実の世界では、5対2では何を言っても無駄、多数決なのが現実nuskin 如新 なのだ。
「話し合いの場所を変えませんか、教会の中で、もう一度だけ話し合いを持ち考えてはもらえませんか」
多数決で決められる事で、神父は少し考えた末に精神科医達に言った。

教会を中心として半径5kmの範囲内には、専門の精神科病院1軒、総合病院が1軒、個人で運営するメンタルクリニックが5軒、総合医の内科外科を標榜する診療所が2軒あった。
障害者施設は2軒、障害者と言ってもそれは見た目で判断された者達である。
障害者達の中には、真理や美咲のように将来に特異的な能力を持つ者達もいたが能力は開化するのは先の話である。
精神科医達は、神父に精神科専門病院で入院の準備を進めていく事を話している時にある出来事が起ころうとしていた。

とりあえず、精神科医達は神父の提案により再度教会での話し合いをする事になる。
精神科医が、何故か神父の提案を受け止めたのか、それは神父の心の中にいる精霊と天使が動かした。
病院では、現実の世界しかないが、教会の中では現実の世界だけではなく、心に宿る神イエスと聖母マリアからの導きがある。
神父は、教会の中で神による導きに、精神科医達が導かれる事を祈っていた。

教会の中で再び話し合いを始めようとした頃、美咲に変化があった。
「話し合いをする必要はない、聖域に訪れれば、すぐに導かれる」
神イエスと聖母マリアから伝令があり、神父は瞳を閉じて十字架を握り心の中で伝令に祈りを捧げた。
精霊と天使の導きそれは、美咲の部屋から教会の中まで聞こえてきた、美咲の叫ぶ声であった。
神父達は、急いで美咲の部屋へ向かった。
「どういうことですか」
「申し訳ない、何もわからないんだ」
精神科医達には、いったいどういう事なのか、理解する事は出来ず、ただ漠然と立っているだけだった。

2016年8月 1日 (月)

自分自身で確信し

美咲はセラピストとの出逢い、そして時が過ぎ、稀だが施設内の広い遊び部屋で子供達の中にいたが、離れた場所で決して一緒に遊ぶ事もない。
矯視隱形眼鏡全に部屋の中での閉じ込もりではなく いつも一人で見えない相手と呟き話しながら、はじめてクレヨンを使い絵を描き続けるようになる。
部屋の中に閉じ込もっていた時には、クレヨンは一切使う事はなかったが、神父とセラピストは驚きを隠せなかった。

神父様、何故でしょう」
「私にも、今は解らないのです、ただクレヨンを使い始めてから何かが変わったのかもしれませんね」
この会話の後護膚品 優惠、神父の心の中で囁いてきた言霊は、天使「エンジェル」からであった。
「天使である事を悟られず自分自身を隠す為に…」

この言霊から、神父は一瞬だけであったが、教会での真理の姿を思い出していた。
「天使、エンジェル?イコール真理、美咲と真理は間違いなく地下の水脈で繋がっている」
神父は、真理と美咲を重ね合わせ一時的に確信に至るが、迷いも少しはあった。
現実にあるものなのか、仮想空間なのか、次元の違う世界なのか、視点の捉え方に迷う神父である。

神父は、美咲の絵を4年間、見続けたが絵から、何も気づく事や理解する事が出来なかった。     
しかし、神父は美咲が描くもの、外の風景の絵や人物の後姿の絵、植物の絵などを鮮明に描いている事が気になっていた。
絵を描いている時の美咲の瞳には、はっきりと風景や人物が映し出されている。
神父は、美咲の心に持つものとは何かは解らないが、美咲を見守りつつ能力の存在を感じる事になる。

数百数千年前に起きた出来事の事である。
時代が過ぎると共に人類が忘れてしまった能力を美咲は、幼いながら心と体で気づきはじめようとしていたが、この頃の美咲は自分自身に何も気づいていない。
絵画を通して、美咲は本当の自分を表現してい電波拉皮 る事を神父は気づいていた。
しかし、その能力は、教えられるのではなく、美咲が自分自身で確信しなければならなかった。
その為、神父は注意深く、修道院の修道僧や孤児施設職員で美咲を見守る事にした。

2015年8月12日 (水)

Opened the prologue of the story

When I opened the door to unlock memory barrier, in an instant, just want a person quietly, quietly graceful and restrained in a flower, in a good time, carefully prepared with a fault between with you.
 
Fog days, it seems that there are always some lost, opened the window, touching the thin mist, dreamlike arbitrary amount, and a little sad, so lonely for your thoughts.
May be a person for a long time, and there are more or less lonely, dense air, reveal a little meaning, through the shade curtain of memory, in accordance with the fragrance of the tears, those once beautiful and sad, at the corner of the unknown.
Who said, ah, such as the window's wind write full of anticipation Edge, such as the sky clouds into the wind. A misty rain a lot in patches of fly into a dream, I have always believed that the amount of residual red, is reserved for love, Dream beauty pro for the transfer of youth.
Years along the edges, I walked, also thinking, inadvertently, unexpectedly his sadness, when a beam of smooth round at your fingertips, the cycle of flows in the direction of the pulling my heart. When time to become the burden of memory, all the good I really don't know, what's left of the go...
Vague, I do not know how long time in the past, it seems that the fog dispersed, some have become clear. I'm thinking, if I look back to you, my heart just for you, the corner of life, I put all the hope, then, in the billowing world of mortals, whether you will accompany me to see the wind light cloud light, Dream beauty pro see water out...
One season flowers fragrance, a fragrant jasmine tea, how I wish, in a clean, in the morning sun on the earth, dew glistening on the Mosaic, we stand side by side in the flowers. Slowly closed melancholy eyes, that fascinate soul free nerve, into idle sorrow plumes, that will be how romantic thing.
Now, in accordance with the eyebrow bend in April, twist a wisp of fragrance, are all looking forward to full, full of all base. Water past and gone, with yellow green book, read again and again turns out, even if know, already did not have the inside of your hair.
If, it is time for you my distance, dilute the trace of emotion, why think of, is still fresh, whether had been hurt too thoroughly, and the cry of the soul, and engraved on the profound mark, stubborn wandering in the time of the dust.
Walk in the journey of life, always there are too many disappointments, Dream beauty pro too much of the past can't mention, thin cut continuously, the reason also disorderly of refreshment. Sleepless thoughts and dyed with blackish green sad. In the flow of time, folded into the wind.
The trip, the countless stories to have, how many intoxicating left back. In emotional life, still can't catch tight rational line, lost is always casual leave. When miss on the paper, in the face of time, have found alone for a long time of heart, have been accustomed to loneliness.
While I stand on the way coming, can't find the direction of the back. I don't know what can I do, forward or back. I just, I just the shadow of loathe to give up when you turn around.
And keep watch day without wind, cloud, rain; Day without dreams, who is looking forward to, sometimes, for the past really ridiculous, standing in the clouds to xi, with the smell of taste, I why this should go all the way so awkward?
Is in the near future, we will meet by chance, your hand gently holding the misty rain permeated, Dream beauty pro gently opened the prologue of the story, I was just thinking, by that time, root of herbaceous peony flowers will still the same?

2015年7月22日 (水)

I could give her this talking

Here comes the nice stewardess lady with a bag for collecting people’s garbage. Would you like me to give her some of the garbage that’s strewn all over your seat—and, if we’re being perfectly honest here, Timmy, all over my seat as well? And, while we’re at it, maybe  doll—the one that sings songs, very loud songs, songs of terrifying and ungodly volume, from that animated movie about adventurous insects. It’s not that I don’t love the doll; it’s just that I’m pretty sure it’s illegal for children to carry such things on airplanes. Have you heard of terrorism, Timothy? That’s why it’s illegal for you to have this doll. Your whimpering and your dripping facial parts suggest that perhaps this conversation has run its course, so I’ll let you get back to your finger painting, your fidgeting, and your wanton, inexplicable shredding of the in-flight magazine. I’ll be here in my seat, fantasizing about hurtling my childless adult body out of the airplane and into the sky. Enjoy the rest of the flight, Timmy. I’ve really enjoyed sitting next to you. It’s fun to make new friends. Now that I am no longer young, I have friends whose mothers have passed away. I have heard these sons and daughters say they never fully appreciated their mothers until it was too late to tell them. I am blessed with the dear mother who is still alive. I appreciate her more each day. My mother does not change, but I do. As I grow older and wiser, I realize what an extraordinary person she is. How sad that I am unable to speak these words in her presence, but they flow easily from my pen. How does a daughter begin to thank her mother for life itself? For the love, patience and just plain hard work that go into raising a child? For running after a toddler, for understanding a moody teenager, for tolerating a college student who knows everything? For waiting for the day when a daughter realizes her mother really is?

2015年7月17日 (金)

failed experiment in

I recently heard a story from Stephen Glenn about a famous research scientist who had made several very important medical breakthroughs. He HKUE amec was being interviewed by a newspaper reporter who asked him why he thought he was able to be so much more creative than the average person. What set him so far apart from others?

He responded that, in his opinion, it all came from an experience with his mother that occurred when he was about two years old. He had been trying to remove a bottle of milk from the refrigerator when he lost his grip on the slippery bottle and it fell, spilling its contents all over the kitchen floor - a veritable sea of milk!

When his mother came into the kitchen, instead of yelling at him, giving him a lecture or punishing him, she said, "Robert, what a great and wonderful mess you have made! I have rarely seen such a huge puddle of milk. Well, the damage has already been done. Would you like to get down and play in the milk for a few minutes before we clean it up?"

Indeed, he did. After a few minutes, his mother HKUE amec said, "You know, Robert, whenever you make a mess like this, eventually you have to clean it up and restore everything to its proper order. So, how would you like to do that? We could use a sponge, a towel or a mop. Which do you prefer?" He chose the sponge and together they cleaned up the spilled milk.

His mother then said, "You know, what we have here is a how to effectively carry a big milk bottle with two tiny hands. Let's go out in the back yard and HKUE amec fill the bottle with water and see if you can discover a way to carry it without dropping it." The little boy learned that if he grasped the bottle at the top near the lip with both hands, he could carry it without dropping it. What a wonderful lesson

2015年6月23日 (火)

Let me continue to exist with a laugh

Standing at the window, watching the rain footprint in the world. They kiss with the world, express the love for all things. I quietly looking at the world, after thestrokerain washed become particularly lovely. It rained for a week, even the whole people become seedling plants without spirit. Because of the rain does not stop, I also have to become "curtilage female", like the little black cat in the home Dream beauty pro hard sell, in addition to eating and sleeping no things you can do it.
 
Ah, the rain, when will you stop forward steps? Lament and prevent silently, would hold an umbrella, in walking in the rain...
 
A person quiet umbrellas, walk on the wet street, watching the rain splashing in the little mud, watching the rain naughty step on my shoes, a cool idea to carry out my body, Dream beauty pro hard sell have Business Private Networkto hit a chills, wrapped tight clothes, to make the body with warm water. Perhaps because of rainy day, and few pedestrians, even can see walking foot, is in a hurry to go again in a hurry. Who also don't want to stay in the rain, scenery there are being ignored, began to silence alone...
 
Rain, is not big, just slightly. Simply throwing open the cover of the umbrella, walked alone in the rain, let the rain kiss, I am also a not careful with the breeze hit a full. Feeling good, feeling refreshed, ill also oppressed evaporated at home. Should such, just comfortable.
 
The rain without an umbrella, trying a new feeling. For a long time have no so, last time in the rain, or grade examination. With my best friends threw the shoes, throw away the umbrella, and ran into the rain unscrupulous dancing singing laughing, the rain wet our clothes, blurs our eyes, the hair also become messy, like two crazy fled from the mentalEtc wine shop hospital. Can we bear too much Dream beauty pro hard sell, we just remember in the rain, very happy, is the true self in the rain...
 
Left the friend, also grow up, no longer free as I used to be. Had, had wronged, but no one complained of side had to find a reliable person to share, to gradually became silent tears in your heart, in my heart precipitation, and then the next worry pile in the following. These troubles, also day after day for the change of position, in the end is not a solution.
 
Like walking in the rain. Hum familiar but not well-known song, leisurely to release the in the mind of the bitter and painful in the rain. This is an unknown process, can let others know I am tears can flow, I also have sad sad, mess also have only in the rain, the rain has stopped, the sun also show his face nu skin, my smile is the beauty of the others can see. Thinking, struggling, crying, no one had malicious, let me continue to exist with a smile, so good...

2015年6月 8日 (月)

Life just a fingertip

Life quietly disappeared, past once and another wonderful in bit by bit to become blurred, like get wet by rain of scroll, struggling to salvage is just some residue judgment, but it is not a chapter. Only those memories will be shattered at a particular moment, to invasion have a calm mood, memories will be seized, soul is so inconvenient to pain, and flow out a little bit of blood. May be experienced some things, see a few more people, only gradually felt the past dear, childlike innocence innocence; Has old may be a time of life, but the heart is lost in memory of the pain and happy days. After listening to rates of children call our uncle, aunt, watching their youthful face, really want to say: we also have young! On a rainy afternoon, a man with a tall horsetail, walk on the avenue, trance to want to those of heart; Will be on the school basketball game, only because someone and cheered hysterically to; Also because of him, to day and night to practice a song of love, only to can in the bottom of my heart when he was singing softly and accordingly. At dusk, at the weekend to see the river was the sunset dyed red green bristlegrass. In autumn afternoon, and the students run together in the loose leaves, feel the happiness of high-spirited; More will be in a large skating rink, stepping awesome music, pour 1 to feel a pain. Days are always in the busy in a hurry over, leaving only youth those pure memory. Now, there will not be climbing the mountain without money to buy tickets, desperate to over the wall thriller; Also won't because there is no plan and cost overruns, a day only eat bagel hard; Not to save one or two dollars and a lot of Station Road, walk to the last tired only do more harm than good in one breath. But there is always a heart and not to the clouds, let a person feel so heavy, so suffocating, so overwhelmed. In order to survive, we have to hard struggle in the lifeline, to complete special don't want to do. Submerged in those boring words every day, time quietly slip between the fingers, to bring our wonderful youth, wrapped with the mood of be agitated. Met so many vicious things, such as going to preparing leaders often check acceptance documents, and we are physically exhausted and, on the day of each wrote a carefully, in the best bet, waiting for the acceptance. Didn't know before how can have a porous, so no fortification leadership in my hand, relentlessly. In several people consistent suspicion, my mood is like a worm linger-sometimes constantly pain, that kind of feel really really feel disgraced. Perhaps life is a full of self-comforting course, in the passing of life must go to taste the taste of all, will lift when god made man kind of contradiction alternating hatred and nice mood. The world so big, really want to go to take a look. Look at the golden in the sunset beach, feel the coolness of water overflow ankle; See the seagulls flying songs through the lightness of the water, that is a beautiful arc; Fantasies can walk every day a green flag road, in the cabin of ivy to stir the cup has long been brewed coffee, thinking of those gone far gradually; Even simply close your eyes, feel the wind, feel the rain, quietly flow in time. But in the long river of life, we who also don't know, time will be how to repeat the story, the fate will be how to arrange the ending, just in the passed years, not the inlaid harp shaoguang as far as possible.

«Is the heart