2017年5月15日 (月)

階で頭でも冷

とついにキレたトオルがみんなに向かってそうまくしたてる。
マジで?
ミユキちゃんやられちゃったの?」
とハマグチが残念そうに顔を歪めている。
トオル!
このボケがはっきりしないからいけないのよ」
と今度はミユキがそう反撃に出る。
なんでだよ?」
とトオルも逆上している。
アンタよく言うよ?ってあたし知ってんだかんね、よくコバヤシたちとナンパしてやってたの。
知らないとでも思ってんの?」
ナンパ?
い、いいじゃねえかよ、し、知らねえヤツなんだし。
オ、オマエはぼくらの先輩とやったんだよ!
それも商社に内定して???、そこにまたソイツがいたもんだから、気にいられて媚びようとでも思ったんだろう!」
タノクラさんとは???、もう別れたっていったでしょう」
とミユキの口調が急に暗くなる。
知るかよ。

でも、な、なんで?」

彼女がいたの!
ずっとあたしのこと好きだったけど、あたしがトオルとつき合ってたからその間に会社の同期の娘とつき合ってたんだって。
それで結局その娘を取ったのよ」
なんだよ、したかっただけじゃん?」
トオルは吐き捨てるようにつぶやく。
あのお???、ミユキちゃん?
でも、なんでまたこのトオルとつき合っていながらその先輩と出来ちゃったの?」
とナカバヤシが間に割り込んで核心を突く。

それは???、トオルがね、あたしが内定した友だちやその会社の先輩たちと旅行とか行くって言っても、『行ってくれば~?』とか言って全然無関心だし、それもクリスマスとかにだよ!このオトコったらもう」
よく言うよ!
だいたいクリスマスにソイツらと旅行行ってもいいですか?なんて言う時点でおかしいのはそっちの方なんだよ!」
とトオルの言い分ももっともなのだが、まあそういうオンナ心にこの青年は鈍いのだろうとマキは思いつつ、深くうなずいている。
それにあたし???、タノクラさんのことは別に好きだったって言うか、あの人が凄い積極的でずっとあたしのこと好きって言ってくれてて。
あの日も、もうしょうがないから1回だけならいいかって。
でもね、してみたらすごくよかったのよ、あの人とのセックス。
ほら、あたしさあ、トオルの前にあんまり経験なかったから。
他の人とのがあんまりわかんなくて」
最悪だ、このオンナ???」
とトオルは完全に打ちのめされてうなだれている。

もう、だからあの時はもうこの人でいいか?なんて思っちゃったって言うか」
とミユキは全く悪びれるでもなくそう説明を終える。
まあまあ、でもいいじゃないの、このミユキちゃんはそれでトオルくんのところに戻って来たんだろう?
よかったじゃない?なあ?」
とホンジョウがまとめようとしている。
そ、そんな???、じゃあぼくはなんなんすか?
自分の彼女をさんざん先輩にやられて、それで、はいお帰りって迎え入れればいいんですか?」
とトオルがホンジョウに絡む。
そうだよ。
トオルくんだって浮気してたんだもの、そりゃあ言い訳出来ないだろう?」
とホンジョウ。
それは???」
とトオルもさすがに口ごもる。
馬鹿じゃないの?アンタ」
とミユキは相変わらず喧嘩ごしだ。
オマエなあ!」
とトオルがミユキの胸ぐらを掴もうとしたので、
まあ、まあ」
と言ってナカバヤシがトオルの肩を押さえてそれを止める。

なんか、いいわ。
ふたり、アツくて」
とマキは冷めた顔で感心したようにそうつぶやく。
さあさあ、ふたりはちょっと2階で頭でも冷やして来いよ」
とナカバヤシが、トオルとミユキをソファから立たせ、リビングを出たところの階段の方まで誘導する。
と、あれほどさんざん悪態をついていたふたりだったのだが、以外にあっさりとナカバヤシに従い、仲良く手をつないで2階へと上がって行くのだった。
ところで、ホンジョウさん???、指輪、渡しますかねえ?」
とトオルがナカバヤシに尋ねる。

2017年5月 8日 (月)

地悪そうな

でもさあ、『今日はちょっと化粧濃いですね?』っdermes 價錢てのもなんか嫌みっぽいよねえ?って言うかそうやって何指摘しても、『今日は気合い入ってますねえ?』みたいに聞こえちゃってダメなのかなあ?」
だからなんでそこでわざわざメイクについて指摘しなきゃいけないのよ?」
とウンザリ気味のマキ。
いや、だから俺はメイクが巧いオンナが好きだから、ついなんかコメントしたくなるんだって。
ってでも確かに・・・、どう考えてもベストなコメントってないのかもなあ?なんて思ってさあ。
メイクに関するオトコのコメントとしてなんだけど」
オマエも相変わらず無駄なこと思考してるよな」
とホンジョウは呆れたようにそう言って泡盛のグラスを一気に空け、
でも確かにそうだよな。
何言われたとしても、『今日、気合い入ってるねえ?』としか聞こえないかもね」
と付け加える。
だろ?
オンナに『化粧うまいですね』って純粋にほめることってできないのかなあ?
『今日は素敵ですねえ、でも俺は普段のナチュラル系の方が好きかな』なんて言うってのもせっかく今日は気合いを入れて来た彼女に失礼な気もするし?って言うか俺は純粋に今日の彼女がキレイなのをほめたいだけなわけで」
とナカバヤシは酔っぱらってるからか相当くどくなってきた。
マキも一瞬はこの話題に興味を示激光矯視比較したのだが、
言わなきゃそれでいいのよ。
それにその話題・・・、正直言ってナカバヤシさんになんの関係もないし」
と投げやりに応えながら目を半分トロンとさせている。

マキ、オマエなんかねむそうだなあ?
ちょっと2階のふたり、偵察に行こうぜ。
もしかしてもう盛り上がってるかもしれない」
とハマグチが意地悪そうな笑みを浮かべながらマキを誘う。
わたし、覗きは趣味じゃないから、言っとくけど」
と素っ気なく応えるマキ。
わかったよ、それはいいから。
ちょっとオマエの部屋とか案内しろよ、もう片付いてんだろ?」
そんなこと言って、わたしのこと襲うんじゃないの?」
と今度はマキがハマグチに意地悪そうな笑顔でけしかける。
ああ、そう来る?
まあ・・・気が向いたらね」
とハマグチは呆れたように受け謝偉業醫生流す。
まあいいか。
じゃあ、ちょっとだけ見に来れば」
と言ってマキはだるそうにハマグチを連れ、ふたり仲良くリビングを出ていく。



2017年4月12日 (水)

握手を求めてき

ジェシカはそれからひと言もreenex 價錢 口をきかず


に早足で歩き続けた。
あのピンヒールでよくこれだけ早く歩けるものだと思えるくらいのスピードで、スニーカーで歩くわたしの息が切れそうなくらいだった。

そして5、6分近くは経っていただろうか?
目の前で彼女はいきなりその歩を止め、道路と反対右側180度の方向に全身を向けたかと思うとそのまま腰から直角に折れ曲がる様に深々と礼をした。
ええ?
とわたしもあっけにとられ、つられるように同様の礼をしたところ、その目の前は神社の鳥居のようだった。
それからわたしたちは、両手と口を備え付けの尺ですくった水で清め、その本殿前にてお賽銭を入れ、縄を引いて鈴を鳴らすと、二礼二拍手で祈りの態勢に入る。
わたしはその時、一瞬酩酊したよう心地よさを感じたがすぐに我に帰り目を開けると、
こちreenex 好唔好らへ」
とジェシカがその本殿横に見える上り坂の小道を進むようにと目で合図を送ってきた。
わたしは引き続き従順な態度でその山道のような所々に添え木の段が設置されている坂道を登り始める。
こんなところにいきなり丘
のような自然の風景があることを一瞬不思議に感じつつも、一分ほどでその坂を登り詰めると目の前にレストランのテラスのようなスペースが広がっていた。
そしてその右斜め上の方にはさらにそこから石段を登る白い礼拝堂のような建物があった。

こ、ここは?」
と思わずそう尋ねるわたしに、
ここがフィオレンテの丘。
そしてこれがその礼拝堂よ」
とジェシカは言った。

えっ?
こ、ここがフィオレ保養關節 ンテ?」
ええ」
そうジェシカがわたしに答えたのとほぼ同時のタイミングで目の前のガラス張りのレストランのようなスペースの扉がゆっくりと開き、そこより見覚えのある満面の笑顔のオトコが現れた。

スナガワ???イワオ?

どうも、ホンジョウさん。
こんな所までわざわざ???」
そう彼は言いながらわたしに握手を求めてきたため





、わたしもポカンと口を開けたままその握手に応える。

では参りましょうか?」
と言ってスナガワはその礼拝堂への石段を登り始め、わたしが戸惑ったような目でジェシカを見ると、彼女は顎でその後を着いて行くようにとの合図を送ってきた。
なるほどどうやら今日の主役はジェシカではなくこのス

ナガワと言うことなのだろう。
そう納得しそのまま彼の後に続いた。

2017年3月17日 (金)

性が食事や身

2歳で両親を亡くし、星村孤児院で過ごしていたザン。小学校に通うようになってから、登下校中によく会う近所の女性がいた。星村孤児院の近所に住む彼女は、立ち話程度にザンの幼少時代の話をしてくれた。ザン自身は取り立てて興味もなく、うるさいおばさん」でしかなかったが、無視するわけにも行かず、なんとなく聞いていた。 ザンの家は、星村研究所からすぐ近くの一軒家だったそうだ。ザンが1歳になった頃から、重要な研究をすることになった両親は忙しくなり帰宅しない日も多く、その女性が食事や身の回りの世話をしてくれていたそうだ。重要な研究とは、ラストリゾートの研究のことだろう。その頃ザンが1歳で、蓮は6歳。 そんな中、ラストリゾート』の開発で忙しい両親が、相次いで亡くなった。他に親族もいない蓮とザンは星村孤児院に入ることとなる。 ザンは幼かったので覚えていないが、蓮は両親の他界から養子に出されるまでの1年間の記憶を消されていた。 ザンが両親の不審な死と、蓮の存在知ったのは、10歳の頃だった。 星村孤児院は県内最大規模の施設で、身寄りのない、または事情があって肉親と一緒に暮らせない子供たちが18歳を迎えるまで面倒を見てくれる。そして、ここの理事長をしていたのが源一郎で、研究所の視察帰りに訪れ、院長とザンの両親についての話をしていたのを小さいザンは偶然聞いてしまったのだ。 薄ぼんやりとしか覚えていないが、両親の死には星村研究所と雨宮源一郎が深く関わっているということだけは理解できた。 亡き冴木夫妻の二人の息子は、11氏族候補だったため、その後も源一郎は状況を把握しにたびたび孤児院と、蓮が養子に出された湯本邸に訪れていたらしい。 ザンは源一郎を見かけるたびに、星村研究所の前を通るたびに、激しい憎しみに駆られたものだった。 とは言っても、10歳の子供にできることなど何もない。村の人間に両親のことを尋ねても、誰もまともに答えてくれない。若いのに気の毒だった」事故だった」駿ちゃんも辛いけど強く生きてね」などと言われるばかりだった。近所の女性も、その事については何も教えてくれなかったばかりか、質問以降自分を避けるようになった。 そしてどうにもできないまま、1年がすぎた頃、研究所にサマーキャンプのポスターが張り出される。そういえば、毎年行われていた気がする。年代のまちまちな子供たちが自由研究の課題をしていたり、山登りをしたり、共同生活をしていたはずだ。今までは興味がなくて気にした事もなかったが、サマーキャンプに行けば、研究所に入れる。そして秘密を探る事が紅酒 出来るかもしれないと思った。 ザンは、すぐさま院長にキャンプに興味がある事を話すと、次のキャンプに参加するよう手配してやると言ってくれた。 そして俺はお前たちと一緒にサマーキャンプに紛れ込んだ」 ザンは苦しそうにそう言った。 思い出したか?」 暖かいものに包まれて、心地よい気分で目が覚める。 葉月はふかふかのベッドの中で、敦の腕の中にいた。 朦朧としながらも、大好きな人の顔を見つめる。 あつし、さん?」 思い出したな」 えどうして、ここ、どこ?」 一緒にベッドにいることに動揺した様子で、葉月は敦の胸を押し返す。 落ち着け。別荘の部屋だよ。お前は廃校で倒れて、12年前の記憶を夢に見ていたはずだ。思い出したんだろ?」 ゆっくりとそう言われて、葉月は完全に覚醒する。 敦?」 そ。俺は32歳の敦。お前は26歳の葉月。」 ごめん、混乱してた」 なんだか無性に懐かしくなり、葉月は敦搬屋價錢の体に抱きついた。葉月の髪を撫でながら、敦が話し始める。 俺はさ、何が起こっているのか知りたくて刑事になった。学生時代は監視されている可能性があるから、表立って調べたりしてなくて、お前の家にもお前にも近づかなかったんだ。公務員試験を受けて、警視庁に入った。で、しばらくバタバタしててさ。チームカナンのメンバーを調べたり、東雨宮関係のことを調べたり、お前に会いに行く暇もなかった」 葉月は耳に直接響いてくる敦の声が心地よくて搬屋服務、何も言わずに小さく頷きながら話を聞いていた。 迎えに行くっていったのに、9年もかかって、ごめんな」 葉月は首を振る。

東雨宮に関わる

ピアノを頑張って有名になって、自分の人生を豊かなものにしてほしい。そして、歩君を捨てた叔父さまを、祖父を見返してやりたかったって。おばさまは自己満足かもしれないけど、血のつながりはないけど、大切な我が子を軽んじたあの人たちに、一矢報いてやりたくて、ピアノを続けさせて、留学もさせたんだって言ってた。追い出したわけじゃなかったんだよ。東雨宮のことは忘れて、ピアノに専念できる環境を整えたかたって。そのためにおじさまとおばさま、祖父に頭を下げて留学費用を捻出したって」
先月、歩の生家に挨拶に言った際、歩の養母である須藤公子から聞いた話を思い出しながら丁寧に伝えて行く。この話は、歩に直接話すべきだと思い、誰にも話していなかった。
でもだからって、もう復讐なんてやめて、とは言えない。歩くんが東雨宮一族を恨んでる気持ちもよく分かった。」
そんな話聞かせて、キミは僕にどうして欲しい訳?今更引き返せない。わかってるでしょ?」
一緒に東雨宮を倒そう!」
は?」
予想外の誘いに、歩がぽかんとする。
このカプセルに入っているのは、ラストリゾートじゃない。」
なんだって?」
葉月!」
栄太に止められたが、葉月は栄太を目で制して、まっすぐに歩を見つめる。
私が持っていたのが、治療薬なの。言わずに、交換してラストリゾートを捨てて全て終らせることもできた。でも、私は、私たちは歩くんと和解したい」
じゃ、じゃあ、レイチェルの方がラストリゾートだって言うのか?」
歩の動揺した声に、危機感を感じた敦とザンがこっそり顔を見合わせ、武器に手をかける。
そう。だから、皆で協力して東雨宮と戦おう?」
どうして」
歩はぼんやりとレイチェルを振り返り考えを巡らせている。
歩」
敦は静かに呼び、一歩歩に近づいた。
お前とレイチェルの関係は?ドイツで何があった」
その前に、敦さん」
歩は鋭く敦を睨んだ。
カルテを盗んだ犯人が誰か、知ってるの?」
誰だよ」

歩の視線は敦を通り越し、葉月に移り、そしてさらにその隣にいるザンを見た。そこでピタリと止まる。
全員がザンを見た。
ザン、いや、冴木駿。お前だろ?」
その言葉に、葉月と敦が凍り付く。
(そんなはずない!)
そんなわけ、ねぇじゃん!」
葉月の心の声を、敦が言葉にした。
ザンはあの時まだ12歳だぞ?そもそも動機がないだろう?」
栄太の否定に、歩は陰湿な笑みを浮かべた。
ザンは、いや駿は、知ってたんだよ。両親を殺したのが葉月の祖父だって」
知ってて、サマーキャンプに?」
そ。星村研究所に潜入するためにサマーキャンプに応募した。ま、応募しなくても駿と蓮は候補生だったから招かれてただろうけどね」
ザン」
葉月がザンを呼ぶと、彼は顔を背けて目を閉じた。
歩の言う通りだ。俺は、カルテを盗んだ。そして、東雨宮に関わる全ての人間に復讐したくて、ばらまいたんだ」
その言葉に呆然とする葉月と敦。
敦の話を聞いた後、12年前の記憶を思い出したのに、ずっと黙っていてすまなかった。全て、話すから聞いてくれ」
ザンの告白に耳を傾けながら、葉月は思い出していた。
ここ数日、ザンがどこか苦しそうだったのを。
そしてその理由を知ろうとしなかった自分を恥ずかしく思った。

2017年3月 2日 (木)

な喫茶店と言うより

と言ってわたしは席を立ち、キッチンスペース横の女子トイレのドアをノックしようとしたのだが、見ればそのサインはブルー。
すぐにそのドアを開け中を確認したとろころ、やはりそこには誰もいない。
それからすぐにわたしはヒカルさん宛に携帯で電話をかけてみたのだが、「おかけになった電話番号は、電源が入っていないためかかりません」とのアナウンスが耳元で響くだけだった。
でまあ、しょうがなくわたしはとりあえずヒカルさん宛に、
『チハルとずっと待ってるんで、すぐに連絡ください』
との内容のメールを彼女宛に送信した。
と、横を足早に歩くチハルが見え、
ちょっとあたし、外の方見て来るから。
ここで待ってて?」
と言って突然何処か宛でもあったのか?そのまま店外へと出て行ってしまい、テーブルに戻ったわたしは、ひとりそこで冷めたコーヒーを前に手持ちぶさたのまま取り残されることとなった。
翌朝10時半過ぎ頃にようやく二日酔いの頭を叩きながら起き出したわたしとヒカルさんは、その後順に顔を洗って歯を磨くと、ふたりとも髪もまともに乾かさずに寝ぼけ眼のまま1階のリビングフロアに下りた。

おはよう!」
そうさわやかに言うチハルは朝から元気いっぱい、暖炉への薪を入れながらこちらに手を振る。
このオンナ、昨日の酒は全然残ってないのか?
やはりなめられん。
おはよう。
ねえチハル、それにしてもアンタ随分元気ねえ?」
そう?
ああ、そうそう、近くに美味しいコーヒー屋さんがあるからさあ。
どう?朝食も兼ねて」
いいね。
りょ~かいです」
とはもるように言ったわたしとヒカルさんは正直二日酔いのせいでややテンション低めだったのだが、目の前のチハルのパワーに圧倒され、なんとかふたり気合いを入れ合いながら、すぐに着替え出かけるdermes激光脫毛ことにした。

チハルの別荘を後にそそくさとゲレンデに乗り込んだわたしたちは、ほんの5分ほどでそのコーヒーが美味いと言う神山珈琲館に到着。
さすがにこdermes 脫毛の辺は土地も安いのか、そのやたらと広い店内のセンターには馬鹿でかい観葉植物を囲んでの円形の大きなカウンターテーブルがあり、窓際 には4人がけのテーブルが数卓、そしてその反対側キッチンスペースの手前には横長のカウンターがある、なんて具合の店舗構造で天井もやたらと高く豪華な喫茶店と言うよりはギャラリー?美術館?そんな印象の珈琲店だった。

わたしたちは店に入るなり中央の円形カウンター激光脫毛中心席に横並びに座り、しばらくの間わたしとヒカルさんはキョロキョロと物珍しそうにその広い店内中を見回す。
と、ふたり偶然にもほぼ同時のタイミングでその一角に置かれた巨大なアメジストのジオードのような置物に目が止まった。
凄いね?

2017年2月16日 (木)

葉月も言葉

鋭く言い捨てられ、葉月はムッとしてザンを睨んだ。
いじけて逃げるの?そんなのザンらしくない」
いじけて逃げる?」
だってそうでしょ?じゃあなんで、わざわざ一人でこんなところに来たの?」

ザンは何も言わず足早に歩き出した。
葉月はその背中を小走りに追いかける。
ザンはどんどん森の中に進んで行き、葉月は次第に息を切らせながら着いて行くのがやっとだった。
(なんて声をかけたらいいか分からない)
しかし、諦めて帰ることもできない。
しばらくして、大きな木の陰を曲がったところでザンが立ち止まっていた。
どうしたの?」
息を切らせながら追いつくと、ザンは静かに振り返る。
どうしてついてくる」
だって、迎えに来たんだもん。一人で帰れないよ」
俺はもう戻らない」
ザンは言うと、またさっさと歩き出す。
葉月は困ったように笑うとその後を追った。
それから30分程歩いて、星村苑を一周した形でまた研究所前に戻って来た。
しつこいぞ」
そっちこそ」
ザンが視線だけ背後に投げかけてきて、葉月も負けじと言い返す。
ね、ひとまず別荘で休もうよ。帰らなくてもいいけど、連絡しないと。きっと、皆まだ探してる」
葉月が言うと、ザンはまた歩き出す。しかしその方向は管理事務所の入り口だった。
ようやく聞き入れてもらえて葉月は嬉しそうに小走りにその背中を追ったのだった。

ここへ来るのは3回目だね」
葉月は言いながら別荘の中に入り、電話を探した。
以前歩に連れてこられた時は不通だったが、二度目は通じていた。管理人が修理でもしたのだろうか。
葉月はさっそく受話器を取り出して、敦の携帯番号を押した。
ザンは薪ストーブに火をつける準備をしている。
葉月?』
ワンコールで出た敦は、迷う事なく言い当減小腿 て、どれほど心配をかけているのか実感した。
うん、ごめんね、連絡遅くなって」
この番号、別荘か』
ザン、見つけたよ」
研究所にいたのか』
そう。すぐ見つけたんだけど、帰らないって駄駄こねるから30分くらい追いかけ回してやっと休戦になったところ。」
まったく、何やってんだアイツは』
敦が心底呆れた声でため息を付いた。
葉月も苦笑しながら話題のザンを見る。
とりあえず、少し話をしてなんとか連れて帰るから。ちゃんと戻るから、皆は明日に備えて寝てて?」
葉月が言うと、敦は一瞬言葉に詰まったようだった。
彼が何を思っているのか想Neo skin lab 介紹人 像して、葉月も言葉を探す。
なるべく早く、急いで戻るから」
いや、ちょうど良かったよ。そこにいろ』
予想外の言葉に、葉月は言葉を失った。
明日は大変な事になる。お義母さんも、幸子さんも、牧さんの家族や、歩の両親も、東雨宮とはいえ、直接計画やカナン空少入職 に関わっていない人間は東京から避難させた。お前もザンとそこにいろ』

2017年2月 6日 (月)

ら好きにして

していない結果が、レイチェルの今の状態なんじゃねぇの?」
敦の言葉に、今度は蓮が悔しそうな顔をして俯いた。
誰にだって後悔はある。ああしておけばよかった。こうするべきだった。人生は選択と後悔の繰り返しだろ」
敦、もういいよ…」
良くねぇよ。蓮、お前が悪いわけじゃない。レイチェルのことは明らかに薬を乱用したカナンが悪い。でも葉月を責めるのはやめろ。これから俺たちと共にカナンと東雨宮をぶっ潰すつもりがあるなら、葉月に謝れ」
…」
できないなら一人で戦え。」
…」
蓮は握った拳を震わせながら顔を上げた。
悪かった。こいつの言うとおりだ。ただの八つ当たりだ。…気にするな」
ううん。あなたの言ったこと、ほとんど当ってる。本当…ごめんね…」
葉月は首を振って蓮から顔を背けた。
オッケー!これで仲直りだね♪ね、スッキリしたんじゃない、お互いに」
雨降って地固まるって奴ですよ。さ、お茶でも入れましょう!インカ産の紅茶なんてどうです?」
なんだよインカ産って…」
敦が呆れた顔で王子を見ると、王子はへらっと笑ってキッチンに向かった。
ほら、行くわよ蓮。あたしたちは水瀬の研究者を追うんでしょ?」
ああ。じゃあ、行ってくる」
蓮はマリアに連れられるようにして出て行った。
静まりかえるリビング。
悪かったね、葉月ちdermes 脫毛ゃん」
レイが謝る事ないよ。それに、蓮さんの気持ちも分かったし…。ただ単に毛嫌いされてるのかと思ったけど、理由があったみたいだしね」
あれは理由っていうのか?毛嫌いとかわんねーだろ」
敦、ありがとう。庇ってくれて」
当たり前だろ。あんなの黙って聞く必要ねぇだろ。お前も言い返せよ」
言い返せないよ…」
葉月がションボリ肩を落とす。
敦は少し笑ってその肩を抱いた。
敦の肩に頭を乗せて葉月は目を閉じる。
ちょっとちょっとお2人さん。そうやってイチャツクんなら上行ってくれな~い?」
いちゃついてねぇだろ。これくらいでガタガタ言うなよ。って、俺も行かなきdermes 脫毛ゃ!今日は遅くなるから先寝てろよ」
敦は言いながら計画書のコピーを鞄に詰めてリビングを後にした。
じゃあオレはカエルム計画とその他資料をまとめるから好きにしてて」
レイは言いながらリビングの隅に置かれたPCに向かった。
王子がいい香りのする紅茶を淹れてくれて、3人で飲む。dermes 脫毛價錢
王子もさっきはありがとう…」
いえいえ当然ですよ。王妃の危機は王であるワタシが救わねばなりません。あいにくレイさんは蓮さんに頭が上がりませんからねぇ

2017年1月16日 (月)

公共の施設の

それは言えている。」
ザンは思い出して笑いながら水美國旅遊を飲んだ。
しかし、君も変わったな」
そう…か?」
食事のとき、早雪さんに結構喋っていただろ、自分の事」
…早雪は、何と言うか話しやすい…気がする」
なるほど。それはちょっと分かるよ。サッパリしているからかな?」
そうだな…」
まぁ、だからちょっとやってみろよ。やってみて嫌だと言えば美桜里さんも強制しないだろうし、何かあったら村長が動いてくれるさ」
分かった。お前がそう言うなら、やってみよう」
真剣な表情で頷くと栄太もしっかりと頷いた。
(世話が焼けるな、まったく)
内心苦笑しながらザンの変化を嬉しく思う。
まるで問題児の弟でもできたような気分になりながら、明日からのザンの村での生活を陰ながら見守ろうと決めたのだった。

この村には駐在が1人。家族で住んでいます。あとは消防署も駐在所に隣接していて、ここも消防吏員が二人と、数が少なく、何かあった時は自警団と消防団も出動して協力して解決することになっているんですわ」
村長の説明にザンは頷いた。
自警団と消防団は平均年齢58歳。これでも若い人間を集めたんですがねぇ…」
民宿で火事があったと聞いているが、それも自警団と消防団が…?」
主に消化にあたっていたのは消防団でしたが、結局近隣の村人総出でバケツリレーでした」
そんなんで大丈夫なのかと思いながら、ザンは頷いた。
自警団も消防団も皆漁師で構成されているので、あの年代にしては皆鍛えられていて逞しいんですが、やはり年には勝てない部分もありましてね」
それで、俺は何をすれば?」
ひとまず、月に1度ある集会に顔をだして頂き、普段はパトロールを朝、昼、晩とお願いします。娘が被害にあったように、本土からこっそり来た連中が人気のない浜で飲酒、喫煙、もっとタチが悪いのになるとマリファナを吸ったりしとりましてねぇ」
それを取り締まればいいん…ですかdermes 脫毛價錢。そいつらは駐在所に?」
その通りです。訴えられたら叶いませんので、暴力はなしにしてくださいね」
分か…りました」
大体の話を聞き終え、来週に行われる集会までは毎日パトロールをすることになった。
『鮎川村自警団』と書かれたワッペンと腕章を渡され、ザンは診療所に戻った。
既に栄太と早雪の姿はなく、今日は港周辺の店や公共の施設の調査をするのだそうだと、栄太から聞かされた。
パトロールか。じゃ、今日からはじめるのか?」
ああ。悪いガキどもがたむろしているポイントdermes 投訴を村長に聞いて来たので、その辺りを回って追い払うのが仕事だ」
ピッタリじゃないか。ま、頑張れよ」

you find 網頁優化是讓更多的精准客戶找到所需的商品,提高成交率,選擇網路推廣公司選擇you find。

you find 網絡推廣在給客戶做網站和網頁優化的目的,就是為了能夠吸引到終端用戶進到客戶的網站,能夠更加了解客戶的商品,進而促使最終使命就是把商品銷售出去。you find 在網頁優化的過程中發現,想要提升客戶網站訪客轉化率,從而成功提高成單率,是需要從以下幾方面跟進的。 首先you find 網絡推廣團隊會增加客戶網站的優質流量,一般能採取的手段就是利用競價的排名、SEO、網站的引流還有就是提升網站的流覽量的。當熱不同的平臺引流進來的流量成本和品質都是正比的。you find 網頁優化會根據客戶的商品針對性的對關鍵字優化的,只有越精准的關鍵字,才能給網站帶來更優質的流量品質的。 you find 網頁優化的概念就是要用好的內容和體驗來吸引用戶,從而留住用戶提高成交率的。每個來到互聯網流覽的用戶都是讀者,那麼每個網站的建設者就是編輯,那麼好的內容就是至關重要的。這裡的內容,並不是說要管理者用多吸引人的段子來迷惑消費者,而是指管理者要了解用戶的需要,要把用戶的痛點能夠精准的提煉出來,然後對症下藥,進一步的去挖掘客戶潛在的需求,只有做到這點才有更大的成交幾率的。

«さんを紹介したりし